プロフィール

千葉県岩井海岸で

 物心ついたころからモノに対する好奇心が強い人間でした。やがてドライブシミュレータを開発して運転者教育にたずさわるようになり、大学院で教育の方法論を学ぶことになります。専門の雑誌に答えを探し、専門家が集まる学会に参加し、さらに研究室でたくさんの実験器具や測定装置を自分で作って実験をし、論文を書きました。

 安全教育の分野ではアプリを使った危険予測教材の提供に加えて「アメとムチ」ではカバーしきれない「態度」「自分の行動を客観的に見る」という課題に取り組んでいます。さらに人材会社の採用業務を通して、仕事への「動機付け」「モチベーション」を高めるためのプログラムづくりをしました。

 このような経験をふまえて、企業などの組織での人材育成、潜在的な能力に磨きをかける仕事に力を注いでいます。

三品 誠(みしな まこと)

1958年 神奈川県に生まれる
1981年 早稲田大学理工学部応用物理学科卒業
1981年〜1999年 日本ビクター、バンダイ、コンピュータプレゼンス、タスクネットに勤務。CD用光ピックアップの開発、新規事業企画、VR応用システム開発、運転シミュレータの開発に従事。
1999年 サイビジョン設立、代表。
2008年 早稲田大学大学院人間科学研究科博士過程修了、博士(人間科学)
2012年 iPad 用安全教育アプリ HazardTouch リリース
2009年〜2018年 人材サービス企業で採用、研修、キャリア開発に従事。採用面接官
2009年〜現在 交通・医療・建設分野での安全教育研究を大学・研究機関・損害保険会社と共同で進めています

専門分野 : 計測制御工学、心理学、人間工学、教育工学、安全工学、安全教育、Webシステム開発、モバイルアプリ開発、人材開発、コーチングなど

趣味 : 楽器演奏(バイオリン、ヴィオラ、アマチュアオーケストラ歴約20年)、マリンスポーツ(小型船舶1級、ダイビング、シーカヤック、ヨット、クルーザー)

資格 : ネットワークスペシャリスト、電気通信技術者
NLPプロフェッショナルコーチ(NLP Coaching Association 認定)

学位 : 博士(人間科学・早稲田大学)